祖父・父が所有していた品物を、遺品整理として買い取っていただきました。

祖父・父が所有していた品物を、遺品整理として買い取っていただきました。

骨董品買取大阪おすすめと検索した業者にお願したのですが、あまり高名な方の壺や絵はありませんでしたので、高価買取は期待していませんでしたが、それなりの額になると期待していたサンゴのループタイや、ネクタイピン・カフスなども10組ほどあったとおもいますが、全部で3000円位でした。

水晶の原石や、きれいな飾り用石等は、今は需要がないらしく、5~6個引き取って頂きましたが、1000円位。

年代物もお酒(洋酒)も10本ほどあったのですが、栓を金具で閉めるタイプの物のみ引き取りでした。

なぜか、金箔・銀箔も10センチ四方の物が各10枚ほどあったのですが、それは買取不可との事。

印象としては、いくら古いものでも、また、購入時に高価で買ったとしても、今の世で需要がなければ二束三文の価値しかないのだなと実感しました。

一番高価で買い取り頂いたのが、銀塊で(約1キロ)で15000円~20000円位だったと記憶しています。

他にも、ネットオークションでは高価に売り出されているものでも、買取してもらう額とは全く雲泥の差があり、オークション出品者はあくまで希望売値で、実際そんな価格では売れていないようで、まあ納得です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です