祖父・父が所有していた品物を、遺品整理として買い取っていただきました。

祖父・父が所有していた品物を、遺品整理として買い取っていただきました。

骨董品買取大阪おすすめと検索した業者にお願したのですが、あまり高名な方の壺や絵はありませんでしたので、高価買取は期待していませんでしたが、それなりの額になると期待していたサンゴのループタイや、ネクタイピン・カフスなども10組ほどあったとおもいますが、全部で3000円位でした。

水晶の原石や、きれいな飾り用石等は、今は需要がないらしく、5~6個引き取って頂きましたが、1000円位。

年代物もお酒(洋酒)も10本ほどあったのですが、栓を金具で閉めるタイプの物のみ引き取りでした。

なぜか、金箔・銀箔も10センチ四方の物が各10枚ほどあったのですが、それは買取不可との事。

印象としては、いくら古いものでも、また、購入時に高価で買ったとしても、今の世で需要がなければ二束三文の価値しかないのだなと実感しました。

一番高価で買い取り頂いたのが、銀塊で(約1キロ)で15000円~20000円位だったと記憶しています。

他にも、ネットオークションでは高価に売り出されているものでも、買取してもらう額とは全く雲泥の差があり、オークション出品者はあくまで希望売値で、実際そんな価格では売れていないようで、まあ納得です。

つい最近近くに古着屋のウエストコートが出店しました。

地元は田舎なのですごく大きな店舗で、古着屋小物などで10万点も揃っていて、車の駐車場も200代くらい止められる大型店らしい作りになっていました。

私の趣味は一応ファッションなので、最新のトレンドや、古着などオールマイティーに集めていました。

この大型店が出来たおかげで、もっと幅が広がりすごくうれしくて、掘り出し物はないかちょくちょく通うようになりました。

ウェストコートは期間限定ですが、全品半額のセールをやっていることがあり、古着でもともと安いのにさらに値引きするという、考えられない安さになります。

その時を狙って探しに行くことが、何よりの楽しみです。

そんな中、ブランド物で着なくなった服を売ることにした時ですが、思った以上の買い取り金額を提示してくれました。

今迄自分が買った古着の事を考えると、割に合わないような気がしましたが、店員さんに来てもOKですとしか言わなくて、古着販売に興味を持ちました。

店頭買取・通信買取・おまかせ買取になります。

じゃんぱらの買取サービスはスマートフォンやパソコン等をメインに買取しており方法は三種類あって店頭買取・通信買取・おまかせ買取になります。店頭での買取はお店に商品を直接持っていき必要事項を明記して査定後お買取りになります。

通信買取は宅配便で配送するサービスでご自分で動作チェックしてから電話で買取するお店にお電話後に宅配便を発送し到着後査定が完了しましたら一週間以内に振り込みになりますが手数料は無料です。

おまかせ買い取りはサイト内の無料見積もりサービスでチェックし、買取予想額が1万円以上になった場合にドライバーが自宅まで買取商品を集荷に来ますので集荷後7~10日以内にお店の方から査定の連絡が来て完了します。

それから一週間以内に振り込みになりますが手数料は無料になります。毎週火曜日は買取査定額が5%上がりますので金額は増えますのでこの日に時間がある方は是非とも火曜日に査定する事をおススメします。

引っ越しする際、着なくなった服を売ろうと、セカンドストリートを利用しました。

引っ越しする際、着なくなった服を売ろうと、セカンドストリートを利用しました。

無名のブランドの服は、一着10円程と全くお金になりませんでした。服の状態によっては、買取不可のものも多く、買取不可になった商品は引き取りしてもらえず、持って帰るしかありませんでした。

お金になった商品では、女性ブランドでいうと、ローリーズファームのスカートやアースアンドエコロジーのジャケットなどは、一着100円以上になる物もありましたが、レディスの服は、高級ブランド以外では、元々の単価が安い事もあり、あまり高値になる事はありませんでした。

後は、売るタイミングも大事で、夏物は少し前の春に、冬物は秋前に売るなど、その商品の価値が上がる時期を見定めて売ることが、少しでも高く売るポイントだと感じました。

そして、店舗ごとに、20%買取アップキャンペーンなどを時期によって行なっているので、そのタイミングで売る方が少しでもお金になります。

持って行く時の服の状態も大切で、出来れば洗濯して畳んで行くと良いと思います。ただ、そこまでの手間をかけるだけの価値がある服かどうかを、見極めて持って行った方が、労力が無駄にならないと思いました。